ザ・ペニンシュラスイート@ザ・ペニンシュラ東京 The Peninsula Suite@The Peninsula Tokyo

しばらく更新が滞っておりました。世界を旅して、どれくらいの時間が流れていったでしょうか?
まだ見ぬ世界の道、味、音、逢、知、智、縁、愛、別、離、苦、喜。さまざまなものが溢れていると思います。
遠くを見据えて歩いていくという事は実に難しく、不安に駆られ、足許がおぼつかないことがあります。
この望遠鏡から見える遠くの風景も、世界のごく一片であり、347平米あるこの部屋もまた、世界のごく一部であると感じました。

ザ・ペニンシュラスイートの望遠鏡からも、私の取組んでいる旅の終わりについての答えは見つからなかったようです。
私の旅は解かるという事を求めてでなく、なぜ考えるのか?ということをテーマとしてこれからも続くと思います。
旅の道中ではありますが、時間を見つけて、写真や記録を引き続き掲載できるよう歩いてまいります。
スタッフやマネジメントには滞在中、気遣いを頂けたこと心から感謝しております。また、逢いましょう。

The Peninsula Suite Room @ The Peninsula Tokyo 347SQM
http://www.peninsula.com/Tokyo/jp/default.aspx#/Tokyo/jp/Accommodation/The_Peninsula_Suite/

3 Responses to “ザ・ペニンシュラスイート@ザ・ペニンシュラ東京 The Peninsula Suite@The Peninsula Tokyo”

  1. Yuzo.K says:

     347平米の部屋って私まだ体験したことも見学させて頂いたことすらありません。
     (;^_^A

     この部屋の続きの記事はあるのでしょうか..
     すっごく見たいとオモッテマス。

     是非、続編よろしくお願いします。m(__)m

     あと、Ritz Carlton HKの件ですが、私への連絡はこのメールで大丈夫です。
     よくよく考えましたら私もコメントさせて頂いていますから、ご存知でしたね!
     よろしくお願いします。( ̄^ ̄)ゞ

  2. ETD says:

    Admin 様,こんにちは。
    Yuzo 様のブログで御挨拶させていただきましたLETです。
    コメントを下さり,ありがとうございました。

    世界を旅されて,仕事でもプライベートでも多くの経験を積まれているAdmin 様の,
    「私の旅は解かるという事を求めてでなく、なぜ考えるのか?ということをテーマとしてこれからも続くと思います」
    というお言葉は深いですね。

    また,「遠くを見据えて歩いていくという事は実に難しく、不安に駆られ、足許がおぼつかないことがあります」
    というお言葉に,遅まきながら不安な気持ちを抑えて積極的にチャレンジしていこうと思っている私は勇気づけられました。

    「神様の気まぐれ」が与えて下さった出会いを,これからも一期一会の気持ちで大事にし,
    一度きりの人生という旅を充実させたいと思っております。

  3. admin says:

    Yuzo様
    ごぶさたですね。香港でお時間ある際に、ぜひお話ししましょう。
    リッツ香港の最上級の部屋、訪れてから1年以上たっているのに、書けないこの遅筆、、、なんとかします。
    ペニンシュラ東京、これもそのうちに、、、すいません(笑)
    いずれもほぼすべての部屋に行った気がします。アハハハハ(汗)

    LET様
    お越しくださいまして、ありがとうございます。考えるしかできないものですから。
    神様(何を信ずるかは、それぞれの信仰の言葉があると思いますが、色々な表現がありますね)や縁とは不思議なもので、一度きりの人生というのも実は前後にあるのかもしれませんね。
    たまたま人間という役割を与えてくださっていると思っています。一方で偽善を気取るわけではないのですが、地球という同じ船には貧困にあえぐ方々も多くいると思います。
    これに対し、私は考えることができても有効なアプローチができていません。こういったことが今後の人生のテーマとなればいいのですが、、、
    重たい話になり申し訳ないです。ですが、自分の出来る事を一歩ずつ実践していこうと思っております。

Leave a Reply



WP SlimStat