2ベッドルーム デラックス レジデンス@インターコンチネンタル大阪 2BedRoom Dx Residence@InterContinental OSAKA

世界中を走り回り、関西に逗留する機会がなかったのですがIC大阪開業後、しばらくこちらに住んでいました。
連休初日に突然予約を入れた関係上、マネジメントからはもっと広い部屋を用意したかったのですが、と恐縮されましたが、今回の急なスケジュールではやむをえません。
それでもほぼ満室の状況でこういう対応がきちんとできるという事は、日常からのコミュニケーションと、ホテルへの協力・貢献が大きく影響することは言うまでもありません。
108平米の部屋のうち、リビングとキッチンが広めにとられているため、ここで料理(調理器具はプロ用が相当おいてあります)もできましたので、ちょっとした食事会を開催できました。
宿泊する機会は少ないですが、既に大規模な会議や宴席を複数用意していた関係でしょう。関係ラインはすぐに手配してくださり、空港まで迎えに来ていただいた事は感謝しています。
今後とも快適な滞在が続くようよろしくお願いします。

2Bed Room Deluxe Service Residence @ InterContinental OSAKA
108SQM
http://www.icosaka.com/accommodation/serviced_residence.html













リージェンシー・エグゼクティブ・スイート@ハイアット・リージェンシー・京都 Regency Executive Suite@Hyatt Regency Kyoto

これからの1年を走るにあたり、息抜きも必要と考え、ハイアット・リージェンシー・京都に行ってきました。ここは、私にとっての原点の一つであり、2013年を充実したものにすべく、じっと部屋で静かに思索にふける時間を過ごしました。訪ねてきた同期の面々といろいろ話し込み、さまざまな知的な刺激を頂きました。部屋の広さは74平米あるため、広すぎず、掘りごたつの和室で、密に話す空間があったのも大変ありがたかったです。
ホテルについてはセンチュリオンデスクから、依頼をかけましたが、最上位のリージェンシー・スイートは道路に面しているため、若干ながら遮音にこだわるのであれば、こちらの静かな日本庭園サイドのリージェンシー・エグゼクティブ・スイートを優待にて事前指定できますとのことでした。こういった配慮が有難いですし、ホテルのマネジメントからも様々なご好意をいただけました。
2013年も飛躍の年であることを願っております。

Regency Executive Suite Double @ Hyatt Regency Kyoto 74SQM
http://www.kyoto.regency.hyatt.jp/hyatt/hotels-kyoto-regency/rooms/room-description.jsp?chooseLocale=&start=10











エグゼクティブスイート@アイランド・シャングリ・ラ・香港 Executive Suite@Island Shangri-La HONGKONG

今年は非常に多忙な一年でした。多くの事業にかかわり、皆様のお手伝いをさせて頂くことが多かったです。それに伴い、アジアゲートウェイの中心地のひとつ、香港への渡航も相当な回数を数え、休息の時間、仕事の時間の質を上げる事に専念する事がいかに重要か理解できた次第です。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードでは現在、非常に面白いキャンペーンを展開しており、今回キャンペーンを利用しました。内容は2013年3月末までシャングリ・ラ・ホテルの宿泊において、ホライゾンクラブフロア利用で、宿泊や食事、スパ代金から500ドル割り引いてくれるというキャンペーンがあります。他のクレジットカードでは見られない、はっきりと、どういうカスタマーレベルにシャングリ・ラ・ホテルチェーンがアクセスしたいか読み取れるキャンペーンです。出迎え時から、お部屋の調整までスムーズな滞在であり、快適な滞在であったことは言うまでもありません。

お部屋の方も82平米と、くつろげる広さがあり、有意な時間であったと思います。次回滞在は更に素晴らしい対応をしたいとのことでしたので、再訪を考えております。マネジメントはじめ、ラウンジでも様々な話を頂き、特別な対応がいかに重要かを示してくださいました。ここに感謝の気持ちを述べたいと思います。

Executive Suite Room @ Island Shangri-La HONGKONG 82SQM
http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/islandshangrila/rooms-suites/suites/executive-suite/










プレジデンシャルスイート@ヒルトン・フランクフルト・エアポート Presidential Suite@Hilton Frankfurt Airport

年始から渡航が多く、欧州拠点の一つフランクフルトに滞在が連続したのですが、2011年12月20日にオープンしたばかりのヒルトン・フランクフルト・エアポートに逗留です。センチュリオン・カードはHiltonDiamondが付帯しているのがうれしいですね。到着すると部屋ででチェックインし、そのまま会議に入りました。プレジデンシャルスイートは全体で135平米のうち付帯する会議室は45平米と十分なサイズです。

連日部屋から出れず、打ち合わせを行い、食事をこの部屋で取り、館内のジムに行く日々でした。
マネジメントサイドからも逗留中、さまざまな気遣いがあり、次の目的地のヒルトン・フランクフルトの手配やICEの手配など完璧にこなしてもらえました。新しいホテルなのでオペレーションに不安はありましたが、特別な対応が必要なレベルについてはこちらは完璧であると思います。重要な国際機関が多い、ここフランクフルトでハイレベルな対応をしてくれるこのホテルのスタッフ陣、マネジメントチームに感謝します。

Hilton Frankfurt Airport Presidential Suite Room 135SQM
http://www1.hilton.com/en_US/hi/hotel/FRAHAHI-Hilton-Frankfurt-Airport/room-type-desc-popup.do;jsessionid=45A76B2CD47157E2FCAFE0CCE8DD4DD3.etc60?roomtypeId=K1ZOP1













私という無限の可能性をセンチュリオン・カードと共に  Centurion Card come with My infinite possibility

あけましておめでとうございます。最近は年末年始も国内におらず初詣もできていない東奔西走な毎日です。
最近ホテルでの待遇がさらに良くなりましたので参考までにご紹介いたします。
それはあるカードを手にしたことがきっかけでした。

想像の外側に、無限の可能性がある。そしてその可能性は、今あなたの手の中に。
地球上でごく限られた方しか持つことができない一枚、センチュリオン・カード。
伝説を作るのは、他でもないあなたです。

このフレーズをご存知でしょうか?アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードの招待を頂いた際に教えてもらいました。
このサイトのテーマはホテルでの特別に快適な滞在、つまり世界を駆け巡った旅の記憶です。
人生には無限の可能性があり、いずれ私は地球上のみならず宇宙にも旅に出かけますが、その際も持参しようと思います。
なお、撮影には1月27日に発売されたばかりのNEX-7とカールツアイスのZeiss T* E24mm F1.8 ZAを使用して撮りました。
マクロレンズでなくともでこのレベルの写真が取れることに驚きです。


プレミアガーデン@ジ・アッタテラス クラブタワーズ Premire Garden@THE ATTA TERRACE CLUB TOWERS

再び沖縄に戻ってきました。今回はセンチュリオンデスクに依頼してみました。事前にお願いした部屋とは大幅に変わっており、これならコストパフォーマンスも十分に優れていることがわかる結果となりました。初めて訪問してみて思ったことは一階で緑に囲まれる空間もまた普段とは違う空気を感じることが出来ました。部屋そのものはジュニアスイートタイプですが83平米あり十分です。

スタッフもよく訓練されており、こちらのリクエストに十分答えようと努力しているのがよくわかりました。例えばレストランの予約ですが、希望時間がいっぱいでも調整しようとしていただいた姿勢には感謝しています。結果としてルーフにひとつ別のテーブルを設けてもらい、特別な席を用意いただいたことはとても記憶に残っています。また、ここには来ようと思います。

THE ATTA TERRACE CLUB TOWERS
Premire Garden 83SQM
http://www.terrace.co.jp/clubtowers/guestrooms/premier_garden.php











« 前ページへ


WP SlimStat