トーキョースイート@パークハイアット東京 TOKYO SUITE@Park Hyatt Tokyo

ジョニー・デップや監督ともご一緒したかったのですが同室は無理なのであらためて来ました。
彼らは俳優であるのですが、一方で分刻みで飛び回るスーパービジネスマンでもあります。
だからこういう部屋が似合うのでしょう。

220平米もあるこの部屋は広大な空間に感性に訴えかけるものがあちこちに配置されており、思わず前で立ち止まったりします。
かなり強く何かを語りかけてきている気がしてならないのです。

部屋に入れば、グランドピアノが君は弾きこなせるかな?といわんばかりの場所に。
一体何日かかれば読破できるかわからない本の量。
就寝前にはギャラリーにしかないような大きな絵を前にして、また考えさせられる。そんな時間の連続。
パークハイアット東京で最新の部屋でもあるので相当とがったオブジェに圧倒されます。

ある意味、刺激が強くて疲れるかもしれません。
でも、刺激こそがヒトを進化させる最良のQUALIAであると考え直すいいきっかけになりました。

アメニティはイソップを採用しているので乾燥肌にぴったりとフィットさせ、自由時間を満喫させました。
またここに戻ってきます、必ず。

Park Hyatt Tokyo TOKYO Suite Room 220SQM
http://www.parkhyatttokyo.com/Facility/Stay/















ハーバービュー・2ベッドルームスイート@ハイアットリージェンシー沙田

総会関係で急遽渡航となりました。こちらは初めての滞在です。かなりの深夜にもかかわらず、到着後すぐにフロントから人が表に出てきてくれ何も言わずともこの部屋に案内されました。プレジデンシャルスイートをお願いしていたのですが工事中とあり、その次の部屋に自動的に変更されておりました。160平米あるので、余裕のある間取りが気に入りました。香港滞在が22時間とかなりの強行軍での日程でしたが、今回の素晴らしいホテルの対応のおかげで充実した時間をすごせました。スタッフには感謝したい。

Hyatt Regency Sha Tin Harbor View 2 Room Suite Room 160SQM
http://hyatt.jp/hyatt/wwg/hotels/shahr/index.jsp










グランドハイアット福岡 ディプロマットスイート

先日、博多の友人と食事の約束があり、利用しました。毎回お部屋を変えていただけますが、いいお部屋ですね。プライベートの石庭やB&Oのオーディオシステムもあり、私には心地よい空間です。いつも特別な待遇をして頂き、マネージメントには感謝感謝です。

Grand Hyatt Fukuoka Diplomat Suite Room 93SQM
http://www.grandhyattfukuoka.com/
http://www.grandhyattfukuoka.com/frameset_src/stay/shoukai/dipromat.html

9

1
10
2
3
4
5
6
7
8


グランドハイアット東京、グランドエグゼクティブスイート

さすがに今回は前回までのような、ネームドスイートではなかったのですが、雰囲気が気に入りました。窓がなんとなく海外に住んでいたときの家屋を主ださせてくれる使用で特に気に入ってます。普通、ホテルの窓は大きいのが常道といいますが、このようなのもたまには良いですね。この部屋もアメニティはRENを採用。

Grand Hyatt Tokyo Grand Executive Suite Room
http://tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/index.jsp


グランドハイアット東京 クラブラウンジ、ジム&スパ NAGOMI

ここは、広々としていてお茶もゆったりと楽しめますね。いつも思うのですが、ここに来たときは私のためにコンシェルジュのかたがたがいろいろと気を使っていただいているみたいで恐縮です。同行者が非常にいい待遇だからでしょうか?
でも特別扱いも本当のところは心憎くうれしいですね。
すこしいろいろと食べたので運動もしてきました。なかなか綺麗ですね。

Grand Hyatt Tokyo Club Lounge Gym & Spa NAGOMI
http://tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/index.jsp


グランドハイアット東京 チェアマンスイート

家族が来たのですが、前回のディプロマットスイートよりもっと広い部屋でした。私が見たお風呂は今までこのホテルで最も広い気がします。リビングも十分すぎるほどの広さがありたくさんのお客様も招けるでしょう。何より驚いたのは部屋に入って段差がある部屋なんです。それだけ特別な部屋なんでしょうね。ホテルの方にはいつも良くしてくださってありがとうございます。こういう点は特別かもしれませんが評価したいところです。アメニティは前回と変わらずRENでした。

B&O社のBEO SOUND 9000もおいてありました。自分の所有する、そして強く価値を認めているマテリアルがホテルという空間で採用されていることはとてもうれしいですね。

Grand Hyatt Tokyo Chairman Suite Room
http://tokyo.grand.hyatt.jp/hyatt/hotels/index.jsp


グランドハイアット 東京 ディプロマット スイート

家族が来たので行って来ました。モダンで広くて、おいてあるもののセンスに感心させられます。とてもリフレッシュさせてくれますね。デンマーク製のバング&オルフセン社(B&O社)のコンポも我が家のものと同じものが置いてありうれしかったですね。やはりこの近代的デザインの極致とも言えるものを取り入れている姿勢は素直に評価したいです。

GRAND HYATT TOKYO Diplomat Suite Room
http://www.grandhyatttokyo.com/rooms/diplomat.htm


パークハイアット東京 パークスイート

東京のホテル界で長く高い評価を得ているパークハイアット東京のパークスイートです。フランシス・コッポラの孫のソフィア・コッポラ監督の映画、ロストイントランスレーションでも取り上げられたこのホテルは天空にあり、なんともいえない高揚感と開放感を私に与えてくれます。現在の東京ホテル地図では決してハードは新しい部類には入りませんが、それでも刺激を与えてくれる存在です。

Park Hyatt Tokyo Park Suite Room
http://www.parkhyatttokyo.com




WP SlimStat